姿勢/動作分析からの運動療法【上肢編】

<姿勢分析と触診から繋げる評価技術>

概要


▶1~3年目のPTOTの方へ
患者さんの何から評価したらよいのかわからなくなっていませんか??
そんな方に当会では本講座をお勧めしています・

姿勢や動作分析をしっかりと治療に繋げられると

中枢疾患や整形外科疾患、予防分野など様々な場面で利用が可能です。

 

例えば上肢や肩に影響を与える要素は上腕骨や肩甲骨の以外にもたくさんあります。

・頭部(head)の位置
・胸椎・胸郭のアライメント、可動性(モビリティ)
・体幹の安定性・可動性・固定制
・手・肘のアライメントや可動性、筋力
などなど


以上のように上肢を治療するうえで評価の選択肢は沢山ありますが

〝その中で何を重点的に評価したら良いのか〝

を理解できるようになるのが本講座の姿勢/動作分析です。



姿勢分析は臨床で有用な評価ですが

触診や動作分析などの評価を合わせないと状態の解釈が難しいものです。

 

今回はそんな問題を解決するために触診から段階的に学んでいきます。

受講の効果


・上肢・体幹の触診技術を学べる
・姿勢分析のやり方を学べる
・姿勢分析から繋がる動作分析を学べる

 

内容


座学

・上肢の基礎解剖学・運動学について
・体幹の基礎解剖学・運動学について
・姿勢について

実技

◯脊柱の触診
◯骨盤の触診
◯筋の触診

・体幹の筋
→腹直筋、腹横筋、腹斜筋、脊柱起立筋、腰方形筋、広背筋など

・上肢の筋
→→前鋸筋、菱形筋、大胸筋、小胸筋 三角筋、僧帽筋、棘下筋、棘上筋、小円筋、肩甲下筋など

◯姿勢分析のやり方
◯姿勢を読み解く動作分析

講師


窪田翔梧 

理学療法士 フィットネストレーナー
整形外科、急性期病院、通所リハ、訪問リハ、フィットネスジム、水泳のトレーナーなどで活動

講師から:
私は徒手療法も学んでいますが、徒手療法だけではなかなか改善しない方も多く

その経験から運動療法の重要性を感じ、高齢者からスポーツ選手向けの運動療法を幅広く学びました。

現在では徒手療法と運動療法を組み合わせつつ治療を行い効果を上げています。

受講の感想


・今まで老健勤務で自信がなかったが、整形分野で運導指導をする自信がついてきた。

 

・運動指導で代償運動を見逃さなくなった


・姿勢分析のポイントがわかった


・評価→考察→治療という流れがわかるようになった

受講料・時間


8000円 (開催1か月前までに申し込みで6000円)

 

受講後のフォロー


・復習用動画を配布

  ・受講後もメールで質問OK

  ・再受講は半額

  ・月定額制割引に参加OK

 

開催場所


東京都中野区近隣の公共施設やレンタルサロンで行っています。

参加者のみ場所をお知らせしています。

お申込み


まず下のボタンをクリックして受講規約その他をご確認ください。

申し込みされた方はすべて規約に了承したものとみなします。

受講規約を確認したら、一番下にあるお申し込みフォーム *欄をすべて入力し、メッセージ欄には下記項目を入力してお申し込みください。

 

 

  1.  職種と経験年数(学生さんは学年)・年齢
  2.  現在のご所属先/正式名称(学生さんは学校名)
  3.  当日の連絡のとれる電話番号
  4.  参加ご希望のセミナーのタイトル・日程
  5.  フォロー講座参加の有無(※タイトルにフォロー講座ありと記載されている場合のみ)

記入例

  1. PT1年目・22歳
  2. 佐藤整形外科クリニック勤務
  3. 080-5*93-88*5 
  4. 5/6(水)学生・新卒のための膝疾患に対する5つの手技と運動療法【基礎編】   
  5. フォロー講座参加ありorなし

入力漏れがあるお申し込みはお受けできませんのでご注意ください。

メモ: * は入力必須項目です