膝・下腿部の触診と関節モビライゼーション

骨・関節の触診と治療が同時に学べる実技セミナー

概要


 

 ━━━━ ━━━━ ━━━━ ━━━━

━━━━ ━━━━

 

①骨の触診

②骨アライメントの評価

③関節の動きの触診(モーションパルペーション)

④関節の治療

⑤再評価

 

特に①②を重視したベーシックな内容です。

 

 

■内容・詳細

 

○座学

 ⇒動画で座学を予習

動画視聴による座学予習をして対面講座に臨んでいただきます。無駄が無いように当日の対面は100%実技です。

 

関節運動学について

・関節包内運動について

・構成運動と副運動について

・関節の凹凸の法則とその例外について

 

脛骨大腿関節について

・膝関節(大腿骨と脛骨)の正常なアライメントについて

・膝関節にストレスのかかる代表的なマルアライメントについて

 

膝蓋大腿関節について

・膝蓋骨の正常なアライメントについて

・膝関節にストレスのかかる代表的な膝蓋骨のマルアライメントについて

 

脛腓関節について

・脛骨・腓骨の正常なアライメントについて

・膝屈曲・伸展と脛腓関節の連動について

 

距腿関節について

・足関節背屈、底屈時の脛骨/腓骨の動きについて

・足関節と膝関節の連動について

 

■実技

 

〇触診

膝関節を構成する大腿骨・脛骨・腓骨の形状を復習しながら、臨床上で重要になる骨ランドマーク(目印)の触診実技を行います。

 

☆触診部位:

⇒大腿骨

膝関節裂隙、内転筋結節、大腿骨外側顆 大腿骨内側顆など

 

⇒膝蓋骨

膝蓋骨底、膝蓋骨尖など

 

⇒脛骨

脛骨粗面、鵞足、gerdy結節、距骨との関節面など

 

⇒腓骨

腓骨頭、腓骨尖、距骨との関節面など

 

⇒関節部分

膝関節、近位脛腓関節、遠位脛腓関節、大腿膝蓋関節、距腿関節の関節面

 

〇関節の動的触診

患者さんに触れながら、患者さんに動いてもらい、関節の動きの異常がないかを感じ取る触診の練習をします。

〇関節の治療

⇒脛骨大腿関節、近位脛腓関節、遠位脛腓関節、大腿膝蓋関節、距腿関節の治療

 

有効な疾患や症状:膝OAや半月板損傷、足関節捻挫、下腿の骨折後の後療法

OAの内側部痛、鵞足炎、半月板損傷、捻挫後の足関節痛など

 

 

  

講師


HAND-OFF代表 市川 悠

理学療法士(フリーランス)

トレーナー&理学療法士歴 20年目

 今まで取得した資格:

(BESJピラティスインストラクター、スポーツプログラマー第1種、体育施設管理士、健康運動実践指導者、など)

>>詳細はこちら

受講対象


・経験年数1~3年目までの理学療法士、作業療法士

・PT,OT,STの学生

受講料・時間


受講時間:約3時間~4時間

少人数(4名まで)セミナー形式の場合:1人5000円

個別指導の場合:>>詳細は個別指導のページをご覧ください

 

 

※当会は経験年数が浅く職場に指導者がいないなどの若手のための活動を主旨としている会です。

経験年数4年以上の方には一般的な指導料金をご案内させていただきます。

(上記受講料に+15000円)

 

また理学療法士としては新卒でも、過去に柔道整復師やパーソナルトレーナーなどをしていた方も5年目以上の扱いといたします。ご了承ください。 

受講後のフォロー


・復習用動画を配布

  ・受講後もメールで質問OK

  ・再受講は半額

  ・月定額制割引に参加OK

 

開催場所


東京都中野区近隣の公共施設やレンタルサロンで行っています。

参加者のみ場所をお知らせしています。

お申込み


まず下のボタンをクリックして受講規約その他をご確認ください。

申し込みされた方はすべて規約に了承したものとみなします。

受講規約を確認したら、一番下にあるお申し込みフォーム *欄をすべて入力し、メッセージ欄には下記項目を入力してお申し込みください。

 

 

  1.  職種と経験年数(学生さんは学年)・年齢
  2.  現在のご所属先/正式名称(学生さんは学校名)
  3.  当日の連絡のとれる電話番号
  4.  参加ご希望のセミナーのタイトル・日程
  5.  フォロー講座参加の有無(※タイトルにフォロー講座ありと記載されている場合のみ)

記入例

  1. PT1年目・22歳
  2. 佐藤整形外科クリニック勤務
  3. 080-5*93-88*5 
  4. 5/6(水)学生・新卒のための膝疾患に対する5つの手技と運動療法【基礎編】   
  5. フォロー講座参加ありorなし

入力漏れがあるお申し込みはお受けできませんのでご注意ください。

メモ: * は入力必須項目です