筋・筋膜アナトミートレインの臨床応用【腰下肢編】

■講座の概要
下記の診断名が付いていて、腰の痛みや脚の痺れを訴える患者さんに難渋していませんか?

・筋々膜性腰痛
・脊柱管狭窄症
・腰椎すべり症
・偽性の腰椎ヘルニア
・坐骨神経痛

この講座は1~3年目のPT,OTが、上記のような診断名があって、腰痛や痺れを訴える患者さんにも対応できる技術を身につけるための講座です。

■受講効果について

筋・筋膜アナトミートレインという身体のつながりを学ぶ事で、以下の効果があります。

・痛みの部位とつながりのある、別の場所から患者さんの痛みを改善する事ができる
・患者満足度と、効果持続時間が高い徒手療法を学べる
・患部にストレスを与えている要因を調べる評価法が学べる

■受講効果の理由

痛みの原因は必ずしも、その場所だけにあるわけではありません。

・運動療法や徒手療法を行ってもすぐに患部の緊張が上がる
・運動療法や徒手療法の効果の持続が短い
・いくら腰の周囲を治療しても結果が出ない

こういった場合、腰自体には原因がない事が考えられます。
そんな時に、本講座で学ぶ「体全体から見る視点」が役立つでしょう。


■1~3年目のPTOTが当講座で学ぶメリット

・1年目PTOTでも、その日に変化が出せる技法で指導している。
・遠位からの治療に納得してもらえる説明の仕方、見せ方がわかる。
・座学はWEB配信のため、当日は実技の習得に集中できる。
・復習用動画も配信されるため、何度も内容が見直しできる。
・座学・実技資料が更新される度に受け取ることが出来る。

★技術的には「押す」「ゆらす」だけなので、ストレッチよりも簡単に習得できます。


■講座の詳細
〇座学
・筋膜の基礎知識
・筋、筋膜アナトミートレインの12のラインによる筋膜の連結について
・筋膜連結とトリガーポイントの関連痛領域の関係
・筋膜連結の刺激の方法について
・腰の痛みの改善に重要な、筋膜上の3つのポイントについて
・痺れ・痛み・末梢神経障害について

〇実技
・筋膜ライン全体の伸張性の評価
・腰の痛みに関連した、筋膜ライン上の圧痛点の評価
・筋膜ライン上の治療ポイントへの徒手療法
・治療ポイントのセルフケア、指導方法の実際

■講師
市川 悠
 ・PTOTの寺子屋 HANDS-ON代表
 ・理学療法士 経験年数15年目 トレーナー経験20年目 
 ・キネシオロジスト
 ・理学療法士、柔道整復師、トレーナー、鍼灸師、その学生を含め2000名近くの指導経験。


■受講後のフォロー
 ・復習用動画を配布
 ・受講後もメールで質問OK
 ・練習会へのご招待


━━━ ━━━━ ━━━━ ━━━━