~動作分析が出来なくても結果が出せる~骨盤・股関節に対する5つの手技と運動療法【応用編】


【ご案内】

コロナ禍で今年は実習に行けなかった学生さんや、オンラインばかりで実技がおろそかになっている1年目の方も多いのではないでしょうか?本セミナーはそういった方々が患者さんとのファーストコンタクトを失敗しないように作成した当会の症状別の技術集となっています。

 

本セミナーの特徴として動作分析が苦手で何が原因で痛みが起こっているのかの原因を特定する能力が低くても、決まった手順で手技や運動療法を行ってもらうことで大半の方に効果を実感していただける内容になっていることです。

 

股関節は可動性と安定性の両方を求められる関節ですが、可動性低下の要因として骨盤や腰椎などの相対的位置関係の変化や、股関節深部筋の弱化による安定性の低下よって動作時にズレを生じる事が挙げられます。

 

その共通した部分に対して満遍なくアプローチが行え股関節の痛みを改善できる5つの手技と運動療法を習得して頂きます。

 

【理論・座学】

・股関節の機能解剖と関節の特徴について

・股関節の関節運動学

・股関節・大腿骨頭と骨盤寛骨臼のマルアライメントについて

・腰椎⇔骨盤⇔股関節の位置的相関関係について

・腰椎⇔骨盤⇔股関節の機能的関係性について

・股関節と坐骨神経痛や梨状筋症候群などの痺れの関係について

 

【手技・運動療法の種類と内容】

1)股関節のモビライゼーション①

=大腿骨頭のマルアライメントの修正

 

2)股関節周囲筋のPNF的トレーニング

=股関節の安定化

 

3)股関節のモビライゼーション②

   =股関節の可動性の向上

 

4)運動療法による感覚入力

=股関節・骨盤・腰椎の相対的位置関係の修正


5)他動的運動による感覚入力

=股関節の荷重時感覚の改善

ほか患者さんへのセルフケアの指導

 

【講師】

市川 悠 理学療法士 15年目

PTOTの寺子屋 HAND-OFF代表

 

【受講対象】

・学生~免許取得から1年目までのPTOT

※受講対象外の方は表示の受講料+3万円いただきます。

 

【活用範囲】

変形性股関節症、大腿骨頭壊死などの股関節の痛み

『靴下が履けない』などの股関節の動作時痛

先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全

坐骨神経痛などの痺れの訴え

下肢の浮腫み

下肢骨折による免荷後の荷重感覚の促通

 

【当日の学習フォローについて】

・復習用動画を配布しています。(当日撮影・受講生のみ配信)

 

意欲ある皆さんの参加をお待ちしております。