関節運動学に基づいたモビライゼーションと筋力強化法【脊柱②胸椎・胸郭】

新卒・学生~5年目までのセラピスト対象:基礎から学ぶ関節セミナー

━━━
━━

【ご案内】

胸椎・胸郭は手関節や手指の動きや痛みに対して大きく影響を及ぼす場所です。胸椎・胸郭はいわば上肢使用時の体幹への負荷を受け止める場所であり、ここにアプローチをすることで上肢の痛みや可動域が変化することも珍しくありません。

例.母指のCM関節症の診断で関節部や母指球筋に圧痛を生じていた患者に対して胸椎椎間関節と胸肋関節の関節機能障害を治療することにより母指の痛みや圧痛が軽減した。


当日は基礎的な触診を確認しつつ行う内容となっており、学生や経験の浅いセラピストにもお勧めの内容になっています。

【講座の内容・詳細】

○座学

A.関節運動学について:
関節包内運動
構成運動と副運動
関節の遊びJoint Playとは
凹凸の法則とその例外


B.胸椎について
胸椎の機能解剖
胸椎椎間関節の関節運動軸や関節面について
胸椎の関節機能障害のパターンとは
上位胸椎が頸椎の動きに与える影響について
胸椎が肩関節可動域に与える影響について
胸椎の可動性がその他の関節(肘・前腕・手)に与える影響について

C.胸郭について
胸郭の機能解剖
呼吸時の胸郭の関節運動について
胸肋関節・肋横関節・肋椎関節の関節運動軸や関節面について
胸郭の関節機能障害のパターンとは
胸郭が頸椎の動きに与える影響について
胸郭が肩関節可動域に与える影響について
胸郭がその他の関節(肘・前腕・手)に与える影響について

○実技
胸椎椎間関節の評価とモビライゼーション(実技4つ)
胸肋関節の評価とモビライゼーション(実技2つ)
肋横突関節の評価とモビライゼーション(実技2つ)


【講師】
市川 悠 理学療法士 15年目
PTOTの寺子屋 HAND-OFF代表

【受講対象】
・新卒~5年目くらいまでのPTOT
・今まで関節系の技術を学んだことが無い方
※既にどこかで学んだ方、学ばれている方は受け付けておりません。

【当日の学習フォローについて】

①当日の講義は19時開催ですが、実技に不安のある方で特に触診が苦手な方は開始の1時間前の18時に会場にお越しください+500円になりますが触診のフォロー講座をご案内しています。

②復習用動画を配布しています。(当日撮影)

③当日の座学を参加者のみブログで公開しています。

意欲ある皆さんの参加をお待ちしております。