運動連鎖の基礎【~肩可動域制限への臨床応用~】


講義の目的:

肩上肢の可動域制限に対して運動連鎖を用いて治療を行うシンプルな考え方・治療を学びます。

  

Q1:運動連鎖とは?
運動連鎖とは「ある関節の運動がほかの上下の関節へ及ぼす影響」であると言えます。姿勢や運動・動作の分析をする際や治療を行う際に非常に有効な概念です。

Q2:どんな時に運動連鎖を用いた治療を考えるのか?
例えば肩関節外旋の可動域が出ないときに、手関節の可動域制限や手根骨の位置が影響していることが多々あります。この時に肩関節のみにアプローチをして局所的な可動域や筋力を向上させても持続しないのは、この運動連鎖のパターンがどこかで破綻しているからかもしれません. 

Q3:運動連鎖のパターンとは?
運動連鎖には一定のパターンがあり、そのパターン内に当てはめた体の連動をセラピストが誘導することで動作の際の局所の負担を減らすことができます。またその結果、関節可動域や筋出力を安全に向上させることができます。ただ、そのパターンを構成する要素は骨や筋肉だけではありません。比較的新しい概念である『筋膜『や『皮膚』なども重要になってきます。

当日は手指・前腕・肩関節・肩甲骨・胸椎・肋骨など肩関節可動域に影響の大きい部位に焦点を置き、その運動連鎖パターンと構成要素について学び、運動連鎖を導く誘導・ハンドリングにより肩の可動域や機能向上が行えるようになるまでの内容を学びます。

 

講師の市川から:

 運動連鎖について初めて学ぶ方や、基礎的な所から学びたい方のための講座です。


※既に詳しく学ばれている方や、病院全体が運動連鎖で治療しているなどの方は参加を受け付けておりません。少人数制のため、必要な方に必要な知識を届けたいという当会の趣旨です。ご理解ください。